バリ×ヨガ

[旅レポ]東部の秘境・ホワイトビーチでrelax holidayを…

bali201507-01
私がビーチを目指した理由…。それは、この「Y」写真が撮りたかったからに他なりません!ウブドを象徴するようなスポット(森や沐浴場)では、さんざんポーズをしてきたのでね。チョコレート工場の近くに、東部バリでは珍しい白浜ビーチがあると聞いて、即決しましたよ。

ウブドの森を抜け出して…そうだ、ビーチ、行こう。

と。

チャンディダサ、その先へ…

bali2015.08-44
まあ、「ヨガポーズ」という奇怪な行動は別としても…。ここはとっても居心地の良いビーチでしたよ〜。「ホワイトサンドビーチ」の名のとおり、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海が美しいし。

bali2015.08-3@
麗しのビキニ美女のお姉さまもいらっしゃるし。(隠し撮りしちゃったけど、あっちも私のヨガポーズを撮っていたので、お互い様ということで…)

ビーチを訪れるお客は、地元のバリ人半分・外国人半分というかんじで、日本人は滅多に見かけない。お客自体も多くはないのでゆっくりできる。

サーフィンなんてやらない、静かな綺麗な海で、のんびりゴロゴロしたいんだー。そんな方にぴったりのまったりビーチだと思います。

スポンサードリンク



カンボジアとの類似性アリ?

bali2015.08-beach-2
バリ島東部エリアにひっそりとたたずむ、小さな秘境・ホワイトビーチ。ウブド方面から車を走らせた場合、チャーリーのチョコレート工場と同じく、国道を右折して細道を入っていきます。

位置関係としては、チャンディダサ→ホワイトビーチ→ジャスリ(チョコレート工場)の順。「White beach」「Virgin beach」という小さな看板が目印です。見逃さないように!

駐車場から炎天下の道を5分ほど下れば、目の前に鮮やかな碧が迫ってきます。ビーチはもう、すぐそこ…!

bali2015.08-beach-4
入り江に足を踏み入れて、思わずため息。繰り返しになりますが…白い砂浜・碧の海・そして蒼い空のコントラストが、美しすぎてたまらない!!

しかし私は思った。何だろう、この完璧な美しさを、かつてどこかで目撃したような…。

bali2015.08-beach-0
(バリ島・ホワイトビーチ)

sea02
(カンボジア・シハヌークビル)

そう!何かと思ったら、カンボジアの南部ビーチリゾート・シハヌークビルにそっくりではなんです!!三日月型の海岸線といい、いろんなモノの配置配色といい、お客のローカル具合といい、完全に一致。

bali2015.08-beach-3
(マッサージのおばちゃんがウロウロしているのも一緒)

相違点は、①バリの方がビーチの規模が小さい(カンボジアの3分の1くらい)、②バリの方が波が荒い!荒すぎる!!(外国人のおじいちゃんが転がってたよ、大丈夫!?)、といったところでしょうか?

ビーチめしは驚愕のマズさ!

bali2015.08-beach-7
あともう1点大きすぎる違いが…。③バリのビーチめしは超絶マズい!!ということです。いえ、私の選んだワルンがハズレだっただけかもしれませんが、、、白飯さえも美味しくないことに、バリ人もビックリしてました。

ビーチでは飲み物だけにとどめて、メルタサリのお食事を強く推奨します!!

ヨガウェア&ヨガグッズ最強説

bali2015.08-0
あとですね、例えあなたがヨガをしなくとも、ビーチでのヨガウェア&ヨガグッズは最強です!


例えばいつもおすすめしているコレ。ビーチチェアに敷くと、バスタオルよりも断然しっくりきます。ズレないし、ちょっと濡れてもすぐ乾くし。使い勝手サイコーです。冒頭の写真のとおり、海辺でシルシャーサナをしたい!という要求にも対応してくれます。

また、ぜひバティックもひとつ持参しましょう。ヨガでは、最後のシャバーサナ時に身体の上に掛けていますが、ビーチでの日焼け防止・軽い上掛けとしても大活躍します◎

bali2015.08-beach-5
水着代わりに、ヨガウェアを着用するのもオススメです。この日のウェアは、上がreal stone(リアルストーン)、下がsuria(スリア)。どちらも超お気に入りで、それぞれ色違いを購入し、バリにも2セットずつ持ってきちゃいました。

このリアルストーンの青いタイダイキャミは、思ったとおり、ビーチに映えるっ!どちらも速乾素材なので、海遊びだってヘッチャラですよ。

bali2015.08-beach-6
ヨガセットがあれば、海辺でだって困らない!?ビーチのお供にぜひどうぞ!

スポンサードリンク



この記事はお役にたちましたか?
自分用に、友達用に、お役に立ったら気軽にシェア!

[旅レポ]Swingしてみる?海へとびだす絶叫ブランコで快感体験前のページ

天空の散歩道・チャンプアン渓谷ハイク、そして棚田のKarsa Kafeへ…次のページ

関連記事

  1. バリ×ヨガ

    ひとときのセレブ気分

    今日は高級ホテルで朝ヨガ。朝食とプールも利用して、贅沢でラグジュア…

  2. バリ×ヨガ

    お手軽絶景ふたたび!タイタニックなAnjunganは、新名所の予感

    サヤカツアー、バンリBangliエリアの充実ぶりが止まりません…!…

  3. バリ×ヨガ

    わたしが考える最強のレンボンガン攻略法・マングローブSUPが特におすすめです!

    バリでは断然ウブドでヨガ派!スパと沐浴も外せない。でも…レ…

  4. YOGA in Ubud

    定番から穴場まで!ウブドに行くなら絶対外せないヨガスタジオ4選

    バリをこよなく愛するヨギのみなさん、お待たせしました!ウブドのおすすめ…

  5. SPA in Bali

    素敵スパから本気治療まで!シロダーラinウブドを攻略せよ!!

    人生1度は試してみたいシロダーラ。バリならば格安でしかも本…

  6. バリ×ヨガ

    [旅レポ]彩りのバリめし☆オーガニック&ローフード紀行

    ナシゴレンにバビグリン。バリめしは、安くて美味しい…♡でもちょ…

この記事を書いた人

profile_india.JPG

ウスキ サヤカ

Yoga teacher RYT500 in Tokyo, Minimalist, Cambodia lover, Bali traveler & Nepal Beginner…

元図書館司書・京大博物館研究員。現在はヨガ講師を生業としながら、ブロガー・写真家として活動中。

● 詳細なプロフィール

● ヨガのご予約

● ブログの取説&カテゴリ一覧

icon_instagram.png   icon_twitter2.png   icon_twitter.png

Coubic banner aa66bb 381c376280e95b9d3fbb5d7e9a1306783779646cfb9d9beb9f9d80a9ec3469a4

「旅するヨーガ食堂」とは?

旅、ヨガ、ミニマルライフをメインテーマに展開している、ブログおよび活動の総称です。主宰者がかつて暮らしたカンボジア、ヨガ&浄化に通っているバリ島ウブド、ハマりつつあるネパール、ニッポンのミニマルライフを、彩り豊かな美しい写真とともにお届けします。

  1. カンボジア全土一周何回目?

    旅のはじまりは戸惑いの直行便?
  2. カンボジア彩色図鑑

    祝☆新聞掲載
  3. バリ旅何回目?

    9度目のバリヨガ旅は療養旅行?バリ島の安全確認もしてきたよ!
  4. カンボジア彩色図鑑

    カンボジア旅のtips?かもしれない話【持ち物編】
  5. SPA in Bali

    薬草系のスパの決定版! Boreh Pijatでローカルサウナ体験!!
PAGE TOP