ヨガ講師ウスキサヤカの活動記録・カンボジア&バリにも出没します

  1. カンボジア彩色図鑑

地方の魅力をひとまとめ!カンボジアの美しい風景

ラタナキリ

rata01
タイのカレン族やベトナムの花モン族だけではありません。カンボジアにもいわゆる山地少数民族が住む地域があります。

rata08
rata06
rata07
rata02
そのひとつがこのラタナキリ。プノンペンからは、バスで10~12時間程度。道路が整備されたので、簡単にアクセスできるようになりました。

rata04
rata03
エスニックツーリズムだけでなく、宝石採掘の現場などの見どころもたくさん!

rata10
変化が激しい地域のひとつなので、早目の渡航をおススメします。

モンドルキリ

mon03
もうひとつの少数民族地域がモンドルキリ。

mon04
mon02
mon06
mon01
mon07
美しい高地の山々、雄大な滝、そして(第五の脚を持つ!?)象と共に暮らす少数民族。なんともいえない牧歌的風景がここにはあります。

mon05
ただし訪問時期には要注意!モンドルキリは日本でいう軽井沢みたいな人気の避暑地。うっかりGW的連休に訪れようものならば、宿が取れないという悲劇に見舞われます…(モンドルキリの夜は寒いよ~)。

シハヌークビル

sea01
山の次は、やっぱり海でしょ!あまり海のイメージがないカンボジアですが、南西部の地域はタイ湾に面した海岸地帯となっています。

sea03
sea02
中でもシハヌークビルは、カンボジア随一のビーチリゾート。外国人も地元の人も、まったりのんびり思い思いに休日を楽しむ、その自由すぎる感じがたまらな~い!あなたも紺碧の海と白い砂浜に身を横たえ、新鮮な海の幸を頬張りながら、しばし日常を忘れてみませんか?

カンポット(コンポート)

kampot01
もう何度通ったか分からない。私の大好きな町カンポット(なぜならチャリで行ける範囲にモスクがわんさかあるから!)

kampot02
kampot04
kampot03
kampot05
kampot08
kampot09
kampot10
kampot06
kampot07
ボーコー国立公園などの観光スポットも点在していますが、個人的には塩田&水田散策がおススメです。

ケップ

kep01
モニュメントが示すとおり、ケップは蟹を食べに行くところ。カンポットから25キロ程度なので、日帰り蟹ツアーも可能です。

kep03
私は凄まじい暴風雨の中訪れましたが、海産物三昧に何の支障もありませんでした♡

kep02
kep04
晴れると綺麗な海の色を楽しめそうですね。また行きたい!

map
大きな地図で見る

スポンサードリンク



1

2

3
PAGE TOP