カンボジア全土一周何回目?

酔っ払いDAYS

cambodia2013sake01
「カンパーイ」と杯を交わす、おじちゃんと私。グラスの中には、ヤシの木から作ったお酒。

cambodia2013sake03
日本では全くお酒を飲まない私であるが、ここカンボジアでは事情が異なる。人々の輪の中に入っていくためならば、グイグイと酒をあおるし、キンマも噛む。”飲みニケーション”でカンボジアの普段の暮らしに触れられるのならば、願ったり叶ったりというものだ。

2013年の旅でも、南部の港町・カンポットと、北東部山岳地帯・ラタナキリにおいて、お酒をいただく機会にめぐまれた。本当にありがたいことである。

cambodia2013sake02
カンポットでいただいたのは、前述のとおりヤシ酒。ヤシの木から採取した液体を発酵させたものである。ツマミは小型エイの干物のあぶり焼き、そして牛串焼き。普段アルコールを飲みなれていないので、味について的確なコメントができないのだが…。乳酸菌飲料(ヤクルト・カルピス)のような甘さに発酵臭を加えた感じ?ちょっとクセがあるように思う。

ちなみにこちらがヤシの木の様子。
cambodia2013sake17
(Kampong Chhnang 2009)

cambodia2013sake18
(Kampong Chhnang 2009)

cambodia2013sake19
(Kampong Chhnang 2009)

cambodia2013sake20
(Kampong Chhnang 2009)

cambodia2013sake21
(Kampot 2009)
お酒の他に、煮詰めてヤシ砂糖を作ったりもする。

cambodia2013sake04
ヤシの木については、写真も揃ってきたので、そのうち詳しくレポートしたいと思います。。。

*****
cambodia2013sake05
山岳部ラタナキリ州では、水牛を屠る儀式を終えた後の宴会(?)に参入。

cambodia2013sake06
少数民族の人々が集まっているので、バイクを止めてもらったところ……

cambodia2013sake11
何やら珍しいものが…!

cambodia2013sake07
瓶に入った液体を、竹のストローで吸っている?実はこれがラタナキリ名物の壺酒なのだそう。

cambodia2013sake09
壺酒は、お米から作ったお酒とのこと。茶色い物体は籾殻だろうか。私も試飲させていただいたが、例によって味はよく分からず…。ヤシ酒よりはクセがなくって飲みやすかったかな?

cambodia2013sake10
cambodia2013sake14
この日は違う場所で、違う少数民族の宴会にも出会うことができた(行事のあたり日!)?そして飲むのはやはり壺酒。

cambodia2013sake12
こちらは死者を弔う儀式の場であったとのこと。木の棺の中にご遺体が安置されていた。実は数日前にシェムリアップにおいてムスリム(イスラム教徒)の埋葬に立ち会わせていただいたのだが、同じカンボジア国内といえども葬送の仕方は民族ごとに異なっていて非常に興味深い。仏教徒カンボジア人は火葬だし、ムスリムとベトナム系は土葬だし。このあたりも資料(写真)が揃っているので、いつかご紹介したいと思います。

cambodia2013sake15
ところで。お葬式の場でもそうだし、水牛儀式の場でもそうだったが、ラタナキリの宴会の場はベロンベロンに出来あがっている人が多く、タチが悪かった。「俺を格好良く撮ってくれ!」と詰め寄ってきたかと思えば……

cambodia2013sake16
ツーショットを強要してきたり。
あまりにツーショットツーショットとうるさいので、超テキトーな自撮りショットでお茶を濁しておいた。死んだ魚のような目が全てを物語っているに違いない。

どこの国でもどの民族でも、酔っ払いは等しく面倒くさい!!私がこの旅から得た教訓のひとつである。

*****
kako-kSrDNaGDROwpAOMn
2013年6月、私はカンボジア全土をめぐる旅に出た。カテゴリ「カンボジア一周2013」は、その旅の写真記録である。※この記事は8番目の記事です!

◆Coming soon
photo@@@
写真企画展を開催します!

☆★お役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです★☆

ラタナキリ・宝石をめぐる冒険前のページ

渡航前の下調べ・意外に多い?カンボジアのヨガスタジオ一覧次のページ

関連記事

  1. カンボジア彩色図鑑

    写真で綴る カンボジアの民族 その暮らしと生き様

    カンボジアは上座仏教徒であるクメール人が9割を占める国である。宗教…

  2. カンボジア彩色図鑑

    展示内容・紹介&解説 ②

    写真企画展の展示内容紹介、つづき。ここでは、ケの日について解説…

  3. カンボジア彩色図鑑

    マイチャリ持って海外行こう♪自転車を飛行機に乗せる方法(アジア編)

    いつもの愛車で街を走れば、即座にあなたも地元っ子!?たとえ初めて訪…

  4. カンボジア全土一周何回目?

    帰国しました&カンボジア雑感

    カンボジア&バリの旅から帰国しました。まずはサクッと、カンボジア・…

  5. カンボジア全土一周何回目?

    これぞ旅の醍醐味!?ローカル舟で行こう!

    [Fbより転載。カンボジア・パトロール2014 vol.4]本…

  6. カンボジア彩色図鑑

    写真で見るカンボジアのバレンタインデー

    Q:カンボジア語(クメール語)で、バレンタインデーってどう言うの?…

この記事を書いた人

profile_india.JPG

ウスキ サヤカ

Yoga teacher RYT500 in Tokyo, Minimalist, Cambodia lover, Bali traveler & Nepal Beginner…

元図書館司書・京大博物館研究員。現在はヨガ講師を生業としながら、ブロガー・写真家として活動中。

● 詳細なプロフィール

● ヨガのご予約

● ブログの取説&カテゴリ一覧

icon_instagram.png   icon_twitter2.png   icon_twitter.png

Coubic banner aa66bb 381c376280e95b9d3fbb5d7e9a1306783779646cfb9d9beb9f9d80a9ec3469a4

「旅するヨーガ食堂」とは?

旅、ヨガ、ミニマルライフをメインテーマに展開している、ブログおよび活動の総称です。主宰者がかつて暮らしたカンボジア、ヨガ&浄化に通っているバリ島ウブド、ハマりつつあるネパール、ニッポンのミニマルライフを、彩り豊かな美しい写真とともにお届けします。

  1. バリ旅何回目?

    4度目のバリ×ヨガ旅は風邪っぴき & やり残しをつぶして歩く日々でした…
  2. バリ×ヨガ

    [旅レポ]東部の秘境・ホワイトビーチでrelax holidayを…
  3. カンボジア全土一周何回目?

    プノン族サエンの儀式に参加して、スラーピアンをしこたま飲んだ話
  4. バリ×ヨガ

    わたしが考える最強のレンボンガン攻略法・マングローブSUPが特におすすめです!
  5. SPA in Bali

    疲労困憊女子におススメ!ウブドのため息スパでrelax & detox…
PAGE TOP