ヨガ講師ウスキサヤカの活動記録・カンボジア&バリにも出没します

  1. ネパールトレッキング

Day5・トレッキング③朝日とパリピと暖炉と猫と…プーンヒルからガンドルックを行く

Nepal201800185
今日はトレッキングで一番長い1日!

Nepal201800186
そして一番フォトジェニックな1日です!!



プーンヒルご来光トレッキング

いよいよこの日がやって来ました。
プーンヒルからの朝日を眺める・サンライズトレッキング。ゴレパニ・プーンヒルトレッキングのハイライトといえるでしょう。

朝5時20分に集合、ヘッドライトの灯りを頼りにご来光スポットを目指します。

登山は40分ほどとはいえ…山道は相変わらずキツく、昨日の予感どおり心が折れそうになるわたし…

Nepal201800198
でもね、途中で雪山が見えて
テンションめっちゃ上がったよ!!

山肌くっきり見える!朝日もバッチリ拝めそう!

まさに闇の中の光明。この思いを胸に、一歩一歩あゆみを進めます。

Nepal201800202
Nepal201800203
6時すぎ、プーンヒル到着。
ご来光待ちの人で溢れかえる展望広場を前に、早くも出遅れた感のあるミオと愉快な仲間たち😂(これには深〜い訳があるのですが、それは明日の記事にて)

Nepal201800205
そして待つこと15分。山肌が燃えるように赤く染まり始めました。

Nepal201800199
いよいよ美しきサンライズショーと、記念撮影バトルの始まりです。

Nepal201800248
Nepal201800200
Nepal201800189
Nepal201800192
Nepal201800191
Nepal201800193
Nepal201800201
Nepal201800195
Nepal201800007
Nepal201800196
あーー!楽しかったーーー!!!

人がめちゃめちゃ多いので、場所を確保するのが大変だったけど、納得のサンライズフォト(ヨガの宣材用写真とカンボジア愛の証拠写真)を撮ることができました!

これをするためにネパールに来たようなもんですからね!
嘔吐にもめげず、山道にもめげず、頑張って足を運んだ甲斐があったわーー

Nepal201800251
周りのみなさんも自分たちの世界に入り込んだり、テンション高くポーズを撮りまくったり。現場はおそろしいほどの盛り上がりを見せていました。

Nepal201800250
(ライオンポーズで舌を出す、北欧おばさま集団。彼女たちが一番うるさかっ元気いっぱいでした😂)

Nepal201800249
(中国系マレーシア人グループの記念撮影)

Nepal201800247
(タイ人グループもいたよ!)

ガイドいわく山頂には200-300人いたらしいけれど、謎の高揚感と独特の一体感に包まれて、なんとも言えない特別な朝となりました☺️✨

こういうところがいいんだよね!
山登りはやっぱり楽しい!

Nepal201800197
Nepal201800206
下山後はチーズブレッドで朝食を。
今日はグルン族の村・ガンドルックを目指します。



Happyミオ様、本領発揮?

Nepal201800212
本日のトレッキングコースのポイントは、

①距離が長い
②上り下りが激しい
③春ならばシャクナゲコース

というもの。
シャクナゲはネパールの国花。3月4月は森の中に赤い花が咲き誇り、それはそれは美しいそうです(でも11月だと関係ナシ!)

Nepal201800215
ガイドからさんざん「アップダウンばかりだよ!」と脅されていたので、覚悟はしてたけど…やっぱりキツかったーー。

Nepal201800208
頑なにトレッキングポールを拒否し続けていたミオ様も、ついに渋々と使い始めたくらいです(わたしとガイドがパワハラ並みに強要したともいう)

なので例によってトレッキング中の写真はほぼナシ😂😂

Nepal201800211
ていうか、天気もめちゃめちゃ曇ってきたので、ファインダーを覗く気にもなれなかったよ…😭

たださすがに英語に慣れてきて、頭を使わなくても口から言葉がこぼれ出るようになったので、これにだいぶ救われました。

英会話に注力してると、体力も削られますからね!

ネパールトレッキングを目論んでいる人は、山歩きの特訓よりも、英会話の練習をしておいたほうが断然役に立つと思います!!

Nepal201800253
もちろん心配事がパンツだけのミオ様には、こんな苦悩はございません。

“Mio is always happy!”
Yes!! ミオ様、最強です!!



辿り着きし宿は、まさかのロンプラ!?

Nepal201800222
4時間ほど歩いてタダパニに到着。ここでようやくランチタイム。すぐに出てくる定番のダルバードをいただきます。

のんびりと食べたり飲んだりしていた昨日とは、えらい違いだ😂

Nepal201800220
タダパニは、わたしたちが目指すガンドルック村方面と、ヒマラヤ登山の拠点アンナプルナ・ベースキャンプ(ABC)方面との分岐点。

Nepal201800224
昨日まで一緒に歩いていたポーターや外国人トレッカーは、みんなABC方面へ行ってしまったのかな?

ひっそりと静まり返った山道を、ひたすら黙々と歩き続けます。

Nepal201800217
Nepal201800216
Nepal201800223
途中「賽の河原」的な場所で休憩をして…

Nepal201800213
16時半、本日の宿に到着です!
その名もロンリー・プラネット😂😂

晴れていれば看板通りの絶景を望む宿なのですが、残念ながらダダ曇り…。

Nepal201800238
(翌朝はちょっとだけ雪山を拝めたよ!)

それでもかの有名ガイドブックの名を堂々と冠するところに、この宿の強さを感じます。これは、波瀾の予感しかありません!!



パーティーピーポー再び…!ネパールで最も熱い夜

Nepal201800225
ホテル・ロンリー・プラネットは、お花に囲まれたラブリーな宿。

Nepal201800226
たとえ曇り空の下でも、お花の可憐さを十分に堪能できました✨✨
自称お花好きのミオ様も、ご満悦のご様子。

Nepal201800234
でもね、部屋は結構ディープだよ!!
薄暗い室内に、土の壁。もちろん部屋に暖房なんてございません。これは…速攻で風邪をひきそうな予感😂

Nepal201800237
なので、すぐさま暖かいリビングに避難するわたしたち。
手作り感満載のドラム缶暖炉のおかげで、室内は天国のようにあったかーーい!

Nepal201800235
そして何より、暖炉の前でヌクヌクしているネコちゃんたちが…

Nepal201800236
超絶キュートでかわいすぎるーー!!

Nepal201800239
(さっそくモフらせていただきました)

Nepal201800231
そしてこの日は、わたしたちしか宿泊者がいなかったので、周りの目を気にせずにやりたい放題。

Nepal201800233
お母さんと一緒に、美白パックでオンナを磨いたり…

Nepal201800243
突如(お母さんの強引な呼びかけで)ダンスパーティーが始まったり!

Nepal201800242
Nepal201800245
Nepal201800244

▼ネパールの陽気な音楽と、ミオ様の華麗なダンスをお楽しみいただけます🎉💃音声が出るのでお気をつけください🙏

Nepal201800232
もちろんわたしも踊ったよ!

Nepal201800252
こういうお笑いは、Happyミオ様の担当なのに〜
さすがロンリー・プラネット、わたしまで巻き込んでくるところに、強さの秘密を感じました(あらがいきれないお母さんの強引さ😂😂)

Nepal201800241
ネパールじんは やっぱりパリピ!

思いがけず、ホットな夜を過ごすことになったわたしたち。

昨夜の小綺麗な宿も最高だったけど、わたしはやっぱり今日みたいなディープでローカルな宿や旅が好きだな〜

View this post on Instagram

2018-11-12 One of the best moment of the trekking. ・ 後ろは7000-8000m級の"山" アンナプルナ連峰 ・ ジャンプ地点は3210mの"丘" その名もプーンヒル ・ ネパールでは、富士山の高さ(3776m)では"山"と認めてもらえず、"丘"と呼ばれるそうです。 ・ ・ #jumpingtothesky #nepal #nepaltrekking #ghorepani #poonhill #sunrisetrek #sunrise #himalayas #explorenepal #visitnepal #travelgram #travelphotography #mountains #mountainstravel #exploreeverything #mountaintop #mountainviews #ネパール #トレッキング #ご来光ジャンプ #初渡航 #未踏の地 #プーンヒル #ゴレパニ #アンナプルナ #ご来光 #朝日 #サヤカツアーネパール #旅するヨーガ食堂 ・ ・ 地面に這いつくばって写真を撮ってくれたミオ 様、どうもありがとう🙏💕

ウスキサヤカさん(@sayaka.yinyoga)がシェアした投稿 –

明日はトレッキング最終日。
下山してポカラの町に戻ります。

PAGE TOP