カンボジア彩色図鑑

カンボジア旅のtips?かもしれない話【持ち物編】

tabi01
旅の道具について語り出すと長くなるので。とりあえず2013年6月、3週間ほどカンボジアに渡航し全土をめぐった時の荷物メモを記事にしておきます。旅って慣れれば慣れるほど、荷物が減っていきますよね。ここ数年で、通信関係の利便性が急速に高まっているカンボジアでは尚のこと。

あなたの旅道具、不要なものは何ですか?

スポンサードリンク



バックパックを捨ててカンボジアを旅しよう

写真 2013-06-08 17 11 29@
2013年の旅では、出国日当日に駆け込みで購入したipad mini(ブラック)が大活躍でした。

あの薄い板1枚で、簡単とはいえ写真のチェックとバックアップができるのは、本当にありがたい!(自炊したガイドブックやカンボジア語辞典が、データ重くて開けなかったのは誤算でしたが…)そりゃPCがあった方が何かと便利だけど、仕事じゃなくて旅行だったら、これとスマホで充分ですね。もちろん、カンボジアの優れたWifi環境あってこそ、ですが。

IMGP9745@@
だって、この安さと清潔さでWifiが繋がりまくるんですからね!プノンペンよりも地方都市の方が断然快適なんですけど~~。

IMGP0685@
ちなみに全土をめぐっている時は、マムートの20Lのディパックと無印の折りたたみバッグを背負って旅していました。昔は大きなバックパックを使っていたけれど、こちらの方が荷物に目が行き届くし、管理が簡単なので。

いちおうダブルファスナーに南京錠でロックをかけていますが、それよりもザックカバーが必須!です。何だか分からない汚れがつきまくるので。

美白死守は史上命題!でも荷物は軽く少なくが鉄則です!

IMGP0798@@
旅行中の荷物はこれで充分。一眼レフとメイク道具がかなりの重量となっているので、写真を撮らない男性ならばさらに身軽な旅ができると思います。

ディパックには【写真右側】絶対に無くしては困る3種の神器(カメラ+パスポート+化粧品)&新兵器ipad miniなどを詰め込み、移動中は肌身離さず持つようにしています。無印のバッグには【写真左側】たとえ無くしてもカンボジアで調達可能なのものを入れて、結構放置気味。

ちなみに今時のカンボジアで調達出来ないものってほとんどありません。私は強力な日焼け止めといつものスキンケアを使いたいので化粧品を神器入りさせていますが、アベンヌ・ニベアレベルのスキンケアなら現地調達可能です。

あと、プラグの変換アダプタも不要。日本の形状のコンセントをそのまま差して使うことができます(ただし電圧は違うので仕要注意!)。

身軽さの陰には立役者も…。S氏よ、ありがとう!

IMGP0851@
日本からカンボジアに入国する時には、この他にも小さめのソフトキャリーケースを持って来ています。こちらは主に帰国時の(くだらない)カンボジアグッズ運搬用。その他、プノンペン用のちょっと小奇麗なシャツとか、モバイルでないパソコンとかを入れていて、旅行中はプノンペン在住のドMのS氏に預かって(押し付けて?)もらっていました。

彼は、私が彼をぞんざいに扱えばあつかうほど歓喜する、という変態的性癖の持ち主なので。今回も「預けた荷物を一度ピックアップして、翌日再度預け直す」という鬼畜の所業に文句ひとつ言わず従っていました。私が身軽に旅行できたのは、彼の協力あってこそです。ありがとうS氏!…って、このブログ見てはいないけど。

以上、私のカンボジア旅スタイルでした。何かご参考になれば幸いです♡

936898_266921340113579_483470720_n
●○おまけ○●
顔や腕は死守するけれど、足だけは焼けちゃうのよね~(涙)

nail01
まあ、本気の焼きにはかなわないけど…。

※カンボジア国内、どこに行こうか迷ったら…
→「地方の魅力をひとまとめ!カンボジアの美しい風景

*****
公式LINE&Instagramはじめました
インドやバリ旅の様子もアップしています;-)

友だち追加数

◆ブログの更新情報は、
ウスキサヤカ公式Twitterでチェック!
スクリーンショット 2016 08 04 11 40 29
フォロー大歓迎です✨

◆ヨガレッスンのご予約はこちらからどうぞ!
旅するヨーガ食堂・予約システム

◆ヨガレッスン情報はこちらもチェック!
Twitter「旅するヨーガ食堂」
Facebookpage「旅するヨーガ食堂」

◆こちらもどうぞ!
バリのヨガ&スパ情報を綴っています…バリ×ヨガ
陰ヨガレッスンと日々のあれこれ…陰ヨガ講師活動記
シンプル&ミニマムライフで季節を感じよう…ニッポンの丁寧な暮らし

スポンサードリンク



この記事をまた読み返しませんか?
自分用に、友達用に、お役に立ったら気軽にシェア!

飛び出す3Dスタバ!?太宰府スタバは噂通り凄かった!!前のページ

普段使いのお重次のページ

関連記事

  1. カンボジア全土一周何回目?

    旅のはじまりは戸惑いの直行便?

    カンボジアパトロール2017・旅の報告その1首都プノンペンに到着後…

  2. カンボジア彩色図鑑

    マイチャリ持って海外行こう♪自転車を飛行機に乗せる方法(アジア編)

    いつもの愛車で街を走れば、即座にあなたも地元っ子!?たとえ初めて訪…

  3. 写真展 in Kyoto

    展示内容・紹介&解説 ②

    写真企画展の展示内容紹介、つづき。ここでは、ケの日について解説…

  4. レッスン案内

    名古屋・アロマ陰ヨガレッスンのご案内

    この春、名古屋・覚王山で、新たにヨガレッスンをはじめます。…

  5. カンボジア全土一周何回目?

    コンポンチャム・ノスタルジーの消えゆく町…

    カンボジアパトロール2017・旅の報告その2第二の肩慣らしポイ…

  6. ヨガ講師活動記

    全米ヨガアライアンス300時間スタート!!

    こんにちは、毎日ヨガを楽しんでいますか?ヨガ講師のサヤカです。…

この記事を書いた人

profile_india.JPG

ウスキ サヤカ

Yoga teacher RYT500 in Tokyo, Minimalist, Cambodia lover, Bali traveler & Nepal Beginner…

元図書館司書・京大博物館研究員。現在はヨガ講師を生業としながら、ブロガー・写真家として活動中。

● 詳細なプロフィール

● ヨガのご予約

● ブログの取説&カテゴリ一覧

icon_instagram.png   icon_twitter2.png   icon_twitter.png

Coubic banner aa66bb 381c376280e95b9d3fbb5d7e9a1306783779646cfb9d9beb9f9d80a9ec3469a4

「旅するヨーガ食堂」とは?

旅、ヨガ、ミニマルライフをメインテーマに展開している、ブログおよび活動の総称です。主宰者がかつて暮らしたカンボジア、ヨガ&浄化に通っているバリ島ウブド、ハマりつつあるネパール、ニッポンのミニマルライフを、彩り豊かな美しい写真とともにお届けします。

  1. バリ旅何回目?

    4度目のバリ×ヨガ旅は風邪っぴき & やり残しをつぶして歩く日々でした…
  2. カンボジア全土一周何回目?

    パイリン・宝石をめぐる冒険
  3. 開催レポ

    初夏の貴船探訪&次回の開催予定はいかに…?の巻(京都リトリートレポ・その4)
  4. 開催レポ

    憧れの瓢亭の朝粥&出町ふたばでもぐもぐタイム…の巻(京都リトリートレポ・その3)…
  5. コロナを生きる

    在宅ワークを快適ワークへ!バランスチェア&最高峰のキーボードでデスクまわりをとと…
PAGE TOP