ヨガ講師ウスキサヤカの活動記録・カンボジア&バリにも出没します

  1. ミニマルライフ

ミニマリスト的引越しの極意〜人生を変える断捨離術〜

minimalist009

実録&必読・ミニマリスト的引越しの極意!

引越し歴10回以上のわたしが実際におこなった、最新の引越し作業、断捨離、モノに対する考え方などをお伝えします。

写真を見るだけでも、モチベーションが上がること間違いなし!
あなたも断捨離で、人生を変えてみませんか?




新生活に古い邪念を持ち込むな!

ミニマリスト的引越しの極意は、とにかくこの一言に尽きます。

基本は全捨て、アクティブな状態のもの以外は梱包するな!ということ。

すべてを捨てるという前提で、実際に使っているものだけをピックアップし、それだけを梱包してみましょう。段ボールの数は、きっと驚くほど少ないはずです。

非アクティブなもの=非活動状態にあるもの、
つまりは、現在つかっていない死蔵品のことですよね。

せっかくの新生活に、わざわざそんな古い邪念を持ちこむ意味ってありますか?

引越しは古いモノを捨て、新しい習慣を築くことができる、これまでにない大好機。
片付けは、自分の過去にかたをつけるということ。
自分を縛る、古い邪念はガンガン捨てて、新しい世界へのリセットボタンを押しまくりましょう。

ちなみに、わたしの場合。
前回の引越しでは、アクティブなものすらガンガン捨てました。

IMGP2461
10年選手だった大型家具、ソファー、棚、机、シモンズのベットマット!

minimalist05
あと、5年間段ボール箱につめっぱなしだった、古ーーーーいPCたち!

(うしろの棚に見えるステレオも捨てたし、棚自体も捨てました。PCがのっているローテーブルも、引越し後の新居で捨てました。)

minimalist004
服も、靴も、食器も、本も、容赦なく捨てまくりました。
(実際はこの5倍は捨てました。どんだけゴミに囲まれて暮らしていたんだよ…)

minimalist010
断捨離の勢いがおちたときは、ゆるりまいさんの本で、気合注入。

>>>わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります
>>>わたしのウチには、なんにもない。2 なくても暮していけるんです
>>>わたしのウチには、なんにもない。3 モノとの上手なつき合いかた

一度“捨てスイッチ”が入ってしまうと、捨てることがだんだんと快感に…。

身もココロも、すっきりさっぱり!新しい生活が、楽しみで楽しみで、たまらなくなりますよ。

思い出は、デジタルくらいがちょうどいい

思い出グッズや書類は、写真撮影&スキャンでデジタル化を強く推奨!

物理的にコンパクトになるのはもちろんのこと、

現物は
思いが強すぎて生々しい
からです。

思い出はデジタルくらいがちょうどいい。
ミニマリストたるもの、このくらいの精神で思い出と向き合っていきたいものです。

こちらもわたしの場合、ですが。
引越しの2・3ヶ月前から、計画的に大スキャニング大会を開催しました。

minimalist001
大学院時代の書類一式

minimalist002
minimalist003
海外旅行のチケット類

その他、日記や手帳から、給与明細、領収書の類まで。

現物で持っているよりも、デジタルファイリング化した方が、断然便利なものってあるんですよね。ずっと電子化しようしようと思いつつ、重い腰をあげなかったのですが…。

過去を清算して、身軽なココロとカラダで新生活を始めたい!という気持ちが、ついにまさり、片っ端からスキャンしまくって、バンバン捨てまくりました。

なお、引越し直前にこの作業をおこなうのは大変危険です。断捨離や梱包作業と並行してこんなことをやりはじめたら、絶対に収集がつかなくなります。

引越しが早めに決まっている場合、または人生を変える断捨離をしようと固く決意した場合のみ、デジタル化に着手するようにしましょう。

IMGP0699scan
実際にわたしがおこなったスキャニング作業については、あらためて記事にいたしますね。レンタルでお得にスキャンしました!





日本一の本棚を、自分のモノにしよう!

本や雑誌の扱いは、思い出グッズと同じくらい扱いに悩むもの。
ともすると引越し作業や断捨離が、大幅に中断する要因になります。

そんなまよえる子羊たちに、元図書館司書であるわたくしが金言を授けましょう。

すばり書店で購入できる類の本・雑誌については、全部捨ててしまって構いません。

なぜならば、国立国会図書館が、個人よりも、よっぽど完璧な状態で保管してくれているからです。

国立国会図書館(NDL)は、18歳以上ならばだれもが利用できる図書館。そして納本制度により、日本国内で出版され、通常の流通ルートにのったものは、すべて所蔵される仕組みになっています。

つまり、一般的な本や雑誌は、そこへ行けばいつでも読むことができるワケです。
(逆に読むことが難しいのは、流通にのらない、同人誌や自費出版の類です)

東京なんて遠すぎる!という人も心配ご無用。取り寄せだって可能です。

NDLは個人貸出をおこなっていないので、お近くの図書館を通して取り寄せて、その図書館内で見ることになりますが…。本をコレクションしたいのではなく、本の内容を読みたいのであれば、これで十分ですよね。

すなわち発想の転換。

世の図書館の蔵書は、すべて自分の本棚である、そう考えればいいのです。

もちろん、頻繁に手にとったり、勉強用に書き込みをしている、アクティブ状態にある本は、自分の所有物として手元に置いておく必要があるでしょう。

しかし長年本棚に鎮座しているだけの本、ここ数年手にとらなかったような本であったら、どうでしょうか。

自分の本棚にあるのと、NDLの本棚に並んでいるのと、どちらも大差がないと思いませんか?

NDLがあることで「その本を確実に読むことができる」という、アクセスは保証されているのです。そう考えれば、手放すことに対するココロの負担が、すこし軽くなりますよね。


本そのものを所有し続けたからといって、その内容があなたの血肉になり続けるとは限りません。

むしろ別れを前提としたほうが、その本と真摯に向き合うことになるのかもしれません。

本や雑誌の断捨離を考える際は、日本国民の強い味方・国立国会図書館の存在を、今一度思い起こしてみてください。日本一の本棚は、あなたの手中にすでにあるのですから。

磨くべきは断捨離力!整理術では決してない!!

ここまでお読みくださった皆さんは、すでにお気づきだと思いますが、ミニマリスト的引越しにおいて、整理術は必要ありません。

そう、モノをいかに整理整頓し、効率よく収納するかは、重要ではないのです。

大切なのは、整理する必要がないくらい所有物を絞り込むこと。

その絞り込みの断捨離力こそが、われわれが磨くべきスキルなのです。

minimalist007
(わたしのカンボジア時代の家財道具一式。家賃は1ヶ月45ドル、夜は奥に見える座布団を並べて就寝、シャワーは水オンリー。本当はこの程度の荷物でじゅうぶん生活することができるのです。)

IMGP2464 のコピー
(でも日本だと、なかなか理想どおりにいかないのが、悩ましいところ…)

でも大丈夫!!
カンボジア流は無理でも、次のフローにそって引越し作業をすれば、絞り込みの断捨離力を磨いていくことができます。

◆断捨離力を磨く!引越しの作業フロー

①アクティブ状態(実際に使っている)モノをピックアップ。
それ以外は全捨てとする。

《本当に必要なモノの仕分け》

②全捨てカテゴリの中身を、
「廃棄」「リサイクル」「デジタル化」にわける。

《捨て方の選別》

粛々と捨て活動に専念する
・廃棄→ゴミ出し、粗大ごみ処理
・リサイクル→ヤフオク、フリマ、買取等
・デジタル化→写真撮影、スキャニング

《廃棄作業》

④引越し直前に、①のアクティブグッズを
あらためて梱包→引越し

《純然たる梱包作業》

もう一度まとめると、

①本当に必要なモノを仕分け…

②捨て方を選別し…

③粛々と捨て活動に専念

ここまで完璧に仕上がってから…

④純然たる梱包作業に集中する

というもの。

引越しの荷造りでヘトヘトになるのは、①の仕分け、③の廃棄、④の梱包を、全部まとめてやろうとするからです。①〜③までがすでに整った状態であるならば、梱包というのはそれほど難しいことではありません。

(そしていうまでもないことですが、ミニマストというのは、普段の生活においても①〜③が整った状態にある人を指します。)

この作業フローにおいて特に大切なのは、③の捨て活動のあり方です。

ここに感情は必要ありません。

「どうすれば無駄なく捨てられるか」「どうすれば効率良くスキャンできるか」に集中し、ただ黙々と“捨て活動”に専念しましょう。過去との思い出には、①の段階でかたをつけるべきなのです。

引越し断捨離、テクニック編

ここでちょっとブレイク☕️
実際にわたしが利用した業者・サービスをご紹介します。

◆買取王子
 本・CD等の処分に利用しました。無料宅配・無料集荷で、楽チン!

>>>宅配買取の買取王子・自宅にいながらラクラク買取‎

◆ヤフオク!
言わずと知れた、オークションサイト。ヨガウェア、アウトドアウェア等、思い入れのあるものの処分に利用しました。メルカリよりも、落ち着いたヤフオクが好きです💦

▼引越し後の断捨離ですが、ご参考に…

◆パソコンファーム
不要パソコンの処分に利用。無料回収ってどうなの!?と思っていましたが、何の問題もなく利用できました。数年越しの案件が処理できて、気分スッキリ!!送料無料のキャンペーンもあります。

>>>パソコン処分、廃棄、回収ならパソコンファーム

◆携帯ショップ店頭
ドコモショップで、携帯・スマホを処分しました。予約等は不要、回収を実施している店舗に行けばOKです。

>>>携帯電話の回収・リサイクル NTTドコモ

◆スキャレン
 書類デジタル化用のスキャナは、購入ではなくレンタルで。レンタル期間があったほうが、真剣にスキャニングに取り組めます!(締め切り感覚、超大事!!)

>>>スキャレン.com: 裁断機・ドキュメントスキャナのレンタルショップ

◆地方自治体の粗大ごみ回収
引越し前も、引越し先でも。大型の家具をバンバン処分しました。詳細はお住いの地方自治体HPをご参照ください。


果たして人生は変わったか…?

人生を変える断捨離をおこない……
果たしてわたしの人生は変わったのでしょうか?

この問いには、箇条書きでシンプルにおこたえしたいと思います。

◉大きな変化
アカデミックなものへの執着が消えた。

ヨガに対し真摯に向き合う覚悟ができた。

結果、スタジオのオーディションに合格、ヨガ講師としての一歩をふみだすことができた。

◉その他変化
・余計な選択肢がへり、決断疲れがへった。
・決断が早くなり、人生のスピードが加速しはじめた。
・好きなものに囲まれているので気分が良い
・ノイズに対して敏感になった。なるべくノイズが少ない、心おだやかな状態ですごしたいと強く願うようになった。

環境を変えるのは、今までのしがらみや古い習慣を断ち切る、大きなチャンス。今回は、引越しと断捨離がその効果を相乗的にかつ十分に発揮しまくって、大きなよい波にのることができたと感じています。

もしあなたが今、ミニマリスト的思考、断捨離、人生を変える、などのキーワードにピンとくるようならば、この波に乗ってみてはどうですか?ちょっと試してみてはどうですか?

どんな小さな行動でもいいのです。
その行動がすべてのスイッチ、実行しなければ何もはじまらないのですから。

*****
ミニマリスト思考を
鍛えよう
💪✨✨
こんな記事も読まれています

ミニマルライフ ニッポンの極上旅

# 断捨離 # 愛用品 # 旅のtips

PAGE TOP