ネパールトレッキング

Day8・最終日〜さようならネパール〜

Nepal201800365
ホテルにて、帰国の時を待つわたし。荷物の記録用に写真撮って!ってお願いしたところ、奇跡的に目を瞑った瞬間を激写しちゃうところがミオ様クオリティー😂

ホテルブッダが最高すぎてミオ様崩壊す

Nepal201800321
(ミオ様インスタより)

ついにネパール旅行も最終日。ホテルをチェックアウトして、空港へと向かいます。

Nepal201800338
そういえば最後に泊まったこのホテルがね!すごく良かったの!!

Nepal201800359
タメル地区にあるHotel Buddhaという宿なのですが、無料アップグレードをしてくれたので、支払った金額よりもはるかに豪華な部屋で過ごすことができました。

ソファースペースもあるし、キッチンもエアコンもついていた。シャワーの勢いも充分でお湯加減もSoooo Gooood!!!

Nepal201800358
朝食会場の中庭もラブリーで居心地良し✨✨

ミオ様が「マハラジャ・ホテルだ!」「何なんうちら王族なん!?」と大騒ぎして大変だったよ😂

Nepal201800322
そんな庶民派のミオ様とも、ついに袂を分かつ時がやって来ました。往路同様それぞれ別の飛行機で、別の経由地を通って東京と大阪に帰ります。

(最終日に謎の寂しいアピールを始めるミオ様)

Nepal201800323
最後のさいごに例のポーズを華麗にキメて、搭乗ゲートに吸い込まれていきました。

バンコクで1・2日のトランジットを楽しんでから、大阪へ戻るそう。保護者はいないけど、道中お気をつけて!

トリブバン空港の洗礼を受けてサヤカも崩壊す

Nepal201800317
さて、バンコク行きのライオンエア機内で、ミオ様がふたたび絶景を堪能している頃…

Nepal201800312
わたしはひとり地上で途方に暮れていました。

というのもね、この両手で抱えている大事な大事なシンギングボウル(キャリーバッグに入らなかった分)をね、

搭乗直前に、取り上げられてしまったからなんですよーーー!!!

どうしてこうなった!?

Nepal201800333
いきさつはこうです。
ネパールは空港のセキュリティーチェックが異様に厳しくて、①空港入場時、②出国審査時、③搭乗口のゲート入場時のみならず、写真の④搭乗直前にも安全確認が求められます。

で、この最後のセキュリティーチェック時に「手に持っているのは何だ?シンギングボウル?金属じゃないか!そんなの手荷物で持ち込めないよ、預けなさい」と言われてしまったのです。いままで全スルーだったにも関わらず。

Nepal201800335
預けるっていってもバッグや段ボールがあるわけでもなく、ビニール袋のまま係員に引き取られていってしまいました…(ドナドナ…)

以前自転車を海外輪行したときに、ハンドルを曲げられた経験のあるわたしとしては、いくら硬いボウルとはいえ気が気じゃありません。

預かり証もくれなかったので正直「あ、これ詰んだかな?」とも思いました。

ロストバゲッジや破損を危惧して、機内ではひたすら悶々と過ごすはめに…。

カトマンズ🇳🇵
✈️ ←いまここ
デリー🇮🇳
✈️
成田🇯🇵

Nepal201800334
しかしですよ!エア・インディアの荷物管理能力は、わたしの予想をはるかに上回る有能ぶりだったんです!

乗継地のデリーで係員から呼び出されたので搭乗口に足をはこぶと、なんとスマホでシンギングボウル(ビニール袋)の写真を見せてくるではありませんか!

どうやら荷物の積み替え時に係員がチェックして、グラウンドスタッフのスマホに写真を送ってくれたみたいなんです。

そして「これはお前の荷物で間違いないか」と確認後、手書きではありますが預かり証を渡してくれたのです。

ハイテクなんだか、ローテクなんだかわからないけど、とにかくスゴイ!!(←語彙力)

Nepal201800336
果たして成田到着後、わたしの手元には白いビニール袋がしっかりと戻ってきたのです。もちろん破損もいっさいナシ!!


エア・インディア万歳!!
現代テクノロジーもばんざーい!!

稀有な幸運によって入手し、悶々とした思いを経て持ち帰った、大事な7つのシンギングボウル。

これを有効活用できているかどうかは、また別の話なのでありました(訳:持て余しているよ😂)

そしてここからはじまる…

Nepal201800362
光の祭典ティハール祭、ローカルとふれあったバイティカ、ハプニングだらけのヒマラヤトレキング、そしてチベット仏教の聖地・ボダナート散策とシンギングボウル。

詰め込みすぎなくらいに、ネタの大渋滞だったネパール旅行。

こんな魅力的な国
ハマらずには
いられませんよね!?

Nepal201800364
@Katmandu, Nepal 2019

はい、わたしはしっかりとハマって、バス旅・地方散策と行動範囲を着実に広げているところです😂

以上、はじめてのネパールトレッキング2018でした!
初ネパールだってこれだけ楽しめるのですから、あなたもぜひ彼の地へ足を運んでみてください。

Day7・カトマンズへ…ボダナートと旅するシンギングボウル前のページ

キャンドルホルダーで花と暮らす次のページ

関連記事

  1. ネパールトレッキング

    Day6・トレッキング④丘のお寺とまさかの大失態

    トレッキング4日目、今日が最終日。本日のプラン&#x2…

  2. ネパールトレッキング

    Day7・カトマンズへ…ボダナートと旅するシンギングボウル

    今日は世界遺産・ボダナート散策。そして密かに狙っていた、裏ミッ…

  3. ネパールトレッキング

    Day0・プロローグ 〜ネパール旅行はこうして妄想から現実となった〜

    行ってきました、はじめての国・ネパール!旅の目的は3泊4日のヒ…

  4. ネパールトレッキング

    Day3・トレッキング①地獄の石段…ついに始まったゴレパニトレッキング

    濃密すぎる2日間で、どっぷりネパールに浸った感のあるわたしたちです…

「旅するヨーガ食堂」とは?

旅、ヨガ、ミニマルライフをメインテーマに展開している、ブログおよび活動の総称です。主宰者がかつて暮らしたカンボジア、ヨガ&浄化に通っているバリ島ウブド、ハマりつつあるネパール、ニッポンのミニマルライフを、彩り豊かな美しい写真とともにお届けします。

この記事を書いた人

profile_india.JPG

ウスキ サヤカ

Yoga teacher RYT500 in Tokyo, Minimalist, Cambodia lover, Bali traveler & Nepal Beginner…

元図書館司書・京大博物館研究員。現在はヨガ講師を生業としながら、ブロガー・写真家として活動中。

● 詳細なプロフィール

● ヨガのご予約

● ブログの取説&カテゴリ一覧

icon_instagram.png   icon_twitter2.png   icon_twitter.png

Coubic banner aa66bb 381c376280e95b9d3fbb5d7e9a1306783779646cfb9d9beb9f9d80a9ec3469a4

  1. カンボジア彩色図鑑

    祝☆新聞掲載
  2. バリ×ヨガ

    地元食堂探訪!バリめしを食べるなら…安くて美味いローカルワルン6選
  3. バリ旅何回目?

    11回目のバリヨガ旅は、高級リゾート・ヌサドゥアで至福のヴィラステイ!
  4. わたしの愛用品

    至福のアロマバス&ぽかぽか温活…冬の入浴剤はツムラ&クナイプを使うべし!
  5. YOGA in Ubud

    緑と光が溢れる庭…タマン・ハティでヨガしよう【yoga in Ubud③】
PAGE TOP