ヨガ講師ウスキサヤカの活動記録・カンボジア&バリにも出没します

  1. カンボジア彩色図鑑

地方の魅力をひとまとめ!カンボジアの美しい風景

コンポンチュナン

chhnang02
ここも私の大好きな町。バス、乗合タクシー、そして自転車で(片道90キロ自走しましたよ~)何度も何度も訪れました。

chhnang03
chhnang05
chhnang01
chhnang04
chhnang06
chhnang07
水上マーケット、水上集落、ムスリム、陶器づくりの現場等々、写欲が刺激されまくって大変です!民族構成にもゾクゾクするんですよね~。

バッタンバン

カンボジア第二の都市バッタンバン。宿は安くて清潔だし、ネットはサクサクつながるし、プノンペンより快適かもしれません。
batt01
batt02
バンブートレインを楽しむもよし。

batt04
batt03
遺跡やこうもり寺を訪れるもよし。

batt05
batt06
チャリンコでフラフラして、カンボジアの暮らしをのぞいて見るのもよし。

batt07
ただし、黒いおじさんへのご挨拶だけは、お忘れないようお願いします!

パイリン

pailin01
タイ国境の町・パイリン。ここはまた、宝石の町としても有名です。

pailin02
pailin03
そしてなぜだかミャンマー式のパゴダもあったりします。

pailin04
pailin05
パイリンっ子の一押しは、山で滝を眺めながらのんびりすることだそう。暑い季節なら最高だけど、極寒で雨降りはキツかった~。

アンロンベン(オンロンヴェーン)

an01
ウッドーミエンチェイ州の町・アンロンベン。ここにはポル・ポト派最後の拠点として有名です。

an02
an03
ポル・ポトの墓、クメールルージュの参謀総長だったタモクの家などがあり、負の歴史が観光資源に変わるという、現代カンボジアの空気を肌で感じることができます。

an04
私が訪れた2009年はただただ殺伐とした町でしたが、去年(2013年)に車で通りかかったところビックリするくらいに発展していました。なんでも巨大カジノが建設されたとか。2009年に時機を逃さず訪れておいてよかった!そしてまた検証に訪れてみたい町No.1であります。

※2009年の旅行記はこちらからどうぞ。

プレアヴィヒア

preah01
preah02
カンボジアのもうひとつの世界遺産がある州・プレアヴィヒア。タイ国境に位置するプレアヴィヒア寺院は、カンボジアの2000リエル紙幣にも描かれています(ただし2013年にカンボジア独立60周年を記念して新・2000リエル紙幣が発行されたため、この旧札は順次置き換えられるとのこと。残念!)

preah03
「天空の寺院」の異名のとおり、地上は遥かかなた!そしてここもまた、変化の激しい場所のひとつであります。

preah05
preah04
プレアヴィヒア寺院は、その帰属をめぐりカンボジア・タイ両国間で交戦・休戦が繰り返されている場所。そのため2009年に訪れた時は、周辺の村にも遺跡にもカンボジア軍が駐在していたのですが…

preah06
preah07
2013年はだいぶ長閑な雰囲気になっていました。それ以外にも、強制移住によってふもとの村が様変わりしていたり、道路や観光システムも整備が進んでいました。

カンボジア全土について言えることですが、やっぱり定期的に訪れることって重要なんですよね。そうでないと変わりゆく風景を目の当たりにする時機を逸してしまいます(それは私にとって非常に恐ろしいことです)。思い立ったが吉日、明日やろうは馬鹿野郎。あなたもこの記事にピンときたら、是非アクションを起こしてみてくださいね。延ばしのばしにしていると、あなたにとって最高のカンボジアを逃してしまうかもしれませんよ!

map
大きな地図で見る

*****
公式LINE&Instagramはじめました
インドやバリ旅の様子もアップしています;-)

友だち追加数

◆ブログの更新情報は、
ウスキサヤカ公式Twitterでチェック!
スクリーンショット 2016 08 04 11 40 29
フォロー大歓迎です✨

◆ヨガレッスンのご予約はこちらからどうぞ!
旅するヨーガ食堂・予約システム

◆ヨガレッスン情報はこちらもチェック!
Twitter「旅するヨーガ食堂」
Facebookpage「旅するヨーガ食堂」

◆こちらもどうぞ!
バリのヨガ&スパ情報を綴っています…バリ×ヨガ
陰ヨガレッスンと日々のあれこれ…陰ヨガ講師活動記
シンプル&ミニマムライフで季節を感じよう…ニッポンの丁寧な暮らし

スポンサードリンク



この記事をまた読み返しませんか?
自分用に、友達用に、お役に立ったら気軽にシェア!

1 2

3

PAGE TOP