カンボジア彩色図鑑

地方の魅力をひとまとめ!カンボジアの美しい風景

top-local@面白いのはやっぱりローカル!?魅力いっぱい、見どころ満載。そんなカンボジアの地方の様子をまとめました。カンボジアをより深く知るために、または次の旅行計画のおともにどうぞ。




map

1.メコン河沿岸地域
2.山岳&海岸地域
3.国道5号線&北部世界遺産


大きな地図で見る

メコン河沿岸地域

コンポンチャム

cham01
cham10
プノンペンからバスで3・4時間。便数が多いので肩慣らしとして訪れやすい町・コンポンチャム。10月以降の乾季に訪れると、バンブーブリッジがあなたをお出迎えしてくれます。

cham03
cham07
橋を渡った先は、輝く緑に囲まれた夢の島。

cham04
cham06
メコンに沈む夕日もまた、心を揺さぶられるほど美しい。

クラチェ

kratie01
メコン河イルカの生息地として有名なクラチェ。でもチョコっと頭や背びれを出してくれるだけで、全身を拝めることはなかなかないんですよね~。

kratie02
本当にこの程度。

kratie03
それでも外国人は必死の形相でイルカを激写し、それを通りすがりのカンボジア人が橋の上からのんびり眺める。

kratie04
「人生って滑稽でバカバカしくって最高だな~」って思うには、もってこいの場所であります。

ストゥントレン

stungtreng02
カンボジアからラオスへ抜けるポイント。そのためか欧米系の長期旅行者が多く訪れている気がします。ラオス国境近くの滝が見どころ(らしい。行ったことないけど)。

stungtreng01
バイタクのお兄さんにはメコンブルーにつれていかれたけれど、個人的にはここのムスリムコミュニティーが興味深かった!

map

1.メコン河沿岸地域
2.山岳&海岸地域
3.国道5号線&北部世界遺産


大きな地図で見る

山岳&海岸地域

ラタナキリ

rata01
タイのカレン族やベトナムの花モン族だけではありません。カンボジアにもいわゆる山地少数民族が住む地域があります。

rata08
rata06
rata07
rata02
そのひとつがこのラタナキリ。プノンペンからは、バスで10~12時間程度。道路が整備されたので、簡単にアクセスできるようになりました。

rata04
rata03
エスニックツーリズムだけでなく、宝石採掘の現場などの見どころもたくさん!

rata10
変化が激しい地域のひとつなので、早目の渡航をおススメします。

モンドルキリ

mon03
もうひとつの少数民族地域がモンドルキリ。

mon04
mon02
mon06
mon01
mon07
美しい高地の山々、雄大な滝、そして(第五の脚を持つ!?)象と共に暮らす少数民族。なんともいえない牧歌的風景がここにはあります。

mon05
ただし訪問時期には要注意!モンドルキリは日本でいう軽井沢みたいな人気の避暑地。うっかりGW的連休に訪れようものならば、宿が取れないという悲劇に見舞われます…(モンドルキリの夜は寒いよ~)。

シアヌークビル

sea01
山の次は、やっぱり海でしょ!あまり海のイメージがないカンボジアですが、南西部の地域はタイ湾に面した海岸地帯となっています。

sea03
sea02
中でもシアヌークビルは、カンボジア随一のビーチリゾート。外国人も地元の人も、まったりのんびり思い思いに休日を楽しむ、その自由すぎる感じがたまらな~い!あなたも紺碧の海と白い砂浜に身を横たえ、新鮮な海の幸を頬張りながら、しばし日常を忘れてみませんか?

カンポット(コンポート)

kampot01
もう何度通ったか分からない。私の大好きな町カンポット(なぜならチャリで行ける範囲にモスクがわんさかあるから!)

kampot02
kampot04
kampot03
kampot05
kampot08
kampot09
kampot10
kampot06
kampot07
ボーコー国立公園などの観光スポットも点在していますが、個人的には塩田&水田散策がおススメです。

ケップ

kep01
モニュメントが示すとおり、ケップは蟹を食べに行くところ。カンポットから25キロ程度なので、日帰り蟹ツアーも可能です。

kep03
私は凄まじい暴風雨の中訪れましたが、海産物三昧に何の支障もありませんでした♡

kep02
kep04
晴れると綺麗な海の色を楽しめそうですね。また行きたい!

map

1.メコン河沿岸地域
2.山岳&海岸地域
3.国道5号線&北部世界遺産


大きな地図で見る

国道5号線&北部世界遺産

コンポンチュナン

chhnang02
ここも私の大好きな町。バス、乗合タクシー、そして自転車で(片道90キロ自走しましたよ~)何度も何度も訪れました。

chhnang03
chhnang05
chhnang01
chhnang04
chhnang06
chhnang07
水上マーケット、水上集落、ムスリム、陶器づくりの現場等々、写欲が刺激されまくって大変です!民族構成にもゾクゾクするんですよね~。

バッタンバン

カンボジア第二の都市バッタンバン。宿は安くて清潔だし、ネットはサクサクつながるし、プノンペンより快適かもしれません。
batt01
batt02
バンブートレインを楽しむもよし。

batt04
batt03
遺跡やこうもり寺を訪れるもよし。

batt05
batt06
チャリンコでフラフラして、カンボジアの暮らしをのぞいて見るのもよし。

batt07
ただし、黒いおじさんへのご挨拶だけは、お忘れないようお願いします!

パイリン

pailin01
タイ国境の町・パイリン。ここはまた、宝石の町としても有名です。

pailin02
pailin03
そしてなぜだかミャンマー式のパゴダもあったりします。

pailin04
pailin05
パイリンっ子の一押しは、山で滝を眺めながらのんびりすることだそう。暑い季節なら最高だけど、極寒で雨降りはキツかった~。

アンロンベン(オンロンヴェーン)

an01
ウッドーミエンチェイ州の町・アンロンベン。ここにはポル・ポト派最後の拠点として有名です。

an02
an03
ポル・ポトの墓、クメールルージュの参謀総長だったタモクの家などがあり、負の歴史が観光資源に変わるという、現代カンボジアの空気を肌で感じることができます。

an04
私が訪れた2009年はただただ殺伐とした町でしたが、2013に車で通りかかったところビックリするくらいに発展していました。なんでも巨大カジノが建設されたとか。2009年に時機を逃さず訪れておいてよかった!そしてまた検証に訪れてみたい町No.1であります。

※2009年の旅行記はこちらからどうぞ。

プレアヴィヒア

preah01
preah02
カンボジアのもうひとつの世界遺産がある州・プレアヴィヒア。タイ国境に位置するプレアヴィヒア寺院は、カンボジアの2000リエル紙幣にも描かれています(ただし2013年にカンボジア独立60周年を記念して新・2000リエル紙幣が発行されたため、この旧札は順次置き換えられるとのこと。残念!)

preah03
「天空の寺院」の異名のとおり、地上は遥かかなた!そしてここもまた、変化の激しい場所のひとつであります。

preah05
preah04
プレアヴィヒア寺院は、その帰属をめぐりカンボジア・タイ両国間で交戦・休戦が繰り返されている場所。そのため2009年に訪れた時は、周辺の村にも遺跡にもカンボジア軍が駐在していたのですが…

preah06
preah07
2013&2014年はだいぶ長閑な雰囲気になっていました。それ以外にも、強制移住によってふもとの村が様変わりしていたり、道路や観光システムも整備が進んでいました。

カンボジア全土について言えることですが、やっぱり定期的に訪れることって重要なんですよね。そうでないと変わりゆく風景を目の当たりにする時機を逸してしまいます(それは私にとって非常に恐ろしいことです)

思い立ったが吉日、明日やろうは馬鹿野郎。あなたもこの記事にピンときたら、是非アクションを起こしてみてくださいね。延ばしのばしにしていると、あなたにとって最高のカンボジアを逃してしまうかもしれませんよ!

map

1.メコン河沿岸地域
2.山岳&海岸地域
3.国道5号線&北部世界遺産


大きな地図で見る

カンボジアでヨガは必要か?前のページ

旅のはじまりは戸惑いの直行便?次のページ

関連記事

  1. カンボジア全土一周何回目?

    [予告]カンボジアパトロール2017、はじまります!!

    3月から根回しをしてきた、今年の一大ミッション。カンボジアパトロー…

  2. カンボジア全土一周何回目?

    帰国しました&カンボジア雑感

    カンボジア&バリの旅から帰国しました。まずはサクッと、カンボジア・…

  3. カンボジア彩色図鑑

    祝☆新聞掲載

    カンボジア彩色図鑑写真企画展「今日はハレ日 明日はケの日」。今…

  4. カンボジア彩色図鑑

    マイチャリ持って海外行こう♪自転車を飛行機に乗せる方法(アジア編)

    いつもの愛車で街を走れば、即座にあなたも地元っ子!?たとえ初めて訪…

  5. カンボジア全土一周何回目?

    カンボジアの次は…

    [Fbより転載。カンボジア・パトロール2014 vol.10]…

  6. カンボジア全土一周何回目?

    カンボジアのすべては、優しさでできている。

    [Fbより転載。カンボジア・パトロール2014 vol.6]「…

「旅するヨーガ食堂」とは?

旅、ヨガ、ミニマルライフをメインテーマに展開している、ブログおよび活動の総称です。主宰者がかつて暮らしたカンボジア、ヨガ&浄化に通っているバリ島ウブド、ハマりつつあるネパール、ニッポンのミニマルライフを、彩り豊かな美しい写真とともにお届けします。

この記事を書いた人

profile_india.JPG

ウスキ サヤカ

Yoga teacher RYT500 in Tokyo, Minimalist, Cambodia lover, Bali traveler & Nepal Beginner…

元図書館司書・京大博物館研究員。現在はヨガ講師を生業としながら、ブロガー・写真家として活動中。

● 詳細なプロフィール

● ヨガのご予約

● ブログの取説&カテゴリ一覧

icon_instagram.png   icon_twitter2.png   icon_twitter.png

Coubic banner aa66bb 381c376280e95b9d3fbb5d7e9a1306783779646cfb9d9beb9f9d80a9ec3469a4

  1. 南米ウユニ塩湖

    アンデスは美味しい★リャマを食する編
  2. 南米ウユニ塩湖

    旅の持ち物【南米編】
  3. 南米ウユニ塩湖

    colorful ボリビアン~インディヘナに魅せられて
  4. カンボジア彩色図鑑

    カンボジアVSバリ・天空の寺院対決!?
  5. カンボジア彩色図鑑

    祝☆新聞掲載
PAGE TOP