ネパールトレッキング

ネパールの国内移動はキャリーバッグで大丈夫なのか問題/結論:何の問題もなかったよ!

FullSizeRender 3
こんにちは、ヨガ講師&旅ブロガーのサヤカです。
毎年のように3週間ほどカンボジア全土一周をしているわたしにとって、アジアの国内移動は慣れたもの。

手荷物オンリーで颯爽と行くミニマリストスタイルに、我ながらうっとりしていたものですが…ネパール旅行はなんだか少し勝手が違う?

Nepal201800365
なんとこのわたしが、キャリーバッグ使用の仕様となってしまったんですよ…

これは帰国直前なので、特に荷物が多いですが…

いつも荷物が少ないだけに、キャリーバッグを抱えて移動することに過剰なまでに不安が募るわたし…

Nepal201900018
だって、ネパールのインフラといえば、わたしがよく知っているカンボジアと同じレベルですよね?

道路ボコボコで、超ホコリっぽい国ですよね?(そこが好きなんだけど)

カンボジアでキャリーバッグを転がしながら国内移動をするなんて、非常識もいいとこだけど…ネパールはどうなの?

こんな格好で
国内移動は可能なの?

Nepal201800011
ということで。
この「ネパールの国内移動はキャリーバッグで大丈夫なのか問題」について、バス・飛行機ともに実地で検証をしてきました。

検証事項
✔️乗車時の扱いってどんな感じ?
✔️飛行機は預け荷物OK?
✔️LCCみたいに重量課金制?
✔️長距離バスはどうなの?
✔️ローカルバスは大丈夫?

こんな不安がある人に届けたい!
あなたのネパール旅行のご参考になさってください。

ネパール行きの荷物がかさばる理由

Bali2017batur00001
これには2つの理由があります。
まずひとつ目がこれ、キャリーバッグの半分を占拠する大型の荷物。

Bali2017batur0001
そう、トレッキングシューズですね。
さすがに山歩きが旅の主目的なので、これは外せない。そして日本からこれを履きっぱなしだと、わたしの足が浮腫みで死ぬ(断言!)

結果、荷物になるのを知りながら、キャリーバッグ入れて持って来ざるを得ない状況なのであります。

Nepal201800347
もうひとつの理由がこちら。ネパールが生産の本場であるシンギングボウルです。

ヨガ講師として、そしてシンギングボウルセラピーの技術を取得したものとして、ネパールに来たからにはボウルの市場偵察は欠かせません。

Nepal201800328
以前こちらで巨大なボウル7セット(合計11kg)を揃えたので、さすがこれ以上増やすつもりはありませんが…

ネパールだもの、何が起こるか分かりませんよね!?

万が一、10kg超えのボウルを購入したくなってもいいように、運搬手段だけはあらかじめ確保しておきたい。そのため、ゴロゴロと引いて運べるキャリーバッグを、ネパール旅に使用しているのです。

Nepal201800335
(キャリーバッグ以外はコンパクトにまとめています)

国内移動・飛行機編

Nepal201800370
さて、ここからが本題です。
キャリーバッグを抱えての国内移動・飛行機編

これは全く問題ありませんでした!

Nepal201800374
わたしは2018年11月にカトマンズ・ポカラ間をイエティ航空で往復しましたが、なんと預け荷物が20kgまでOK!

LCCに慣れている身としては、その好待遇に驚かされます。

Nepal201800367
写真はポカラに到着した直後。小さな空港なので、飛行機は沖止め(空港の搭乗口から離れた場所に停止)乗客は徒歩で降機します。

荷物は係員のおじさんが人力でカートを引いてきて…

Nepal201800368
Nepal201900057
みんなでカートに積み込んでくれました!
登山客が多いせいか、ノースフェイスのダッフルバッグみたいなものが多かったけど、キャリーバッグやスーツケースも皆無ではなかったかな。

いずれにせよ、作業の様子が目で追える分だけ安心感があるし、国際線よりも扱いが丁寧な気がします。

Nepal201800371
荷物の受け取りは空港内の片隅で行われます。自分の荷物が台に乗ったら、大きな声で自分のバッグである旨を主張しましょう。係員も他の乗客も、タグをあまり見ていないので、取り違えには要注意です!

Nepal201800373
ちなみにこの時は、空港からポカラのレイクサイドまで歩いて行きましたが、道中もガラガラするのに特に支障はありませんでした。

(支障があるとすれば、このガラガラする姿が、ミニマリストたるわたしの美学に反していただけです…!)

小結①キャリーバッグでの飛行機移動は快適!

トレッキングシューズを持ち歩いたり、シンギングボウルを大量に購入する予定があるならば、サクッと簡単に飛行機で移動しちゃいましょう!

国内移動・バス編

長距離バスの場合


続いては「国内移動・バス編
これについては

都市間の
長距離バスであれば
何の問題もありません

例えば、カトマンズ・ポカラ間のようなバスですね。

Nepal201900058
(↑こういうバス)

わたしは2019年10月に「カトマンズ→ドゥムレ」と「ポカラ→カトマンズ」を長距離バスで移動しました。

Nepal201900055
このような大型バスには大抵トランクルームがついているので、スタッフがここに荷物を入れてくれます。

カンボジアのバスは車体のサイドにトランクルームがついていたけれど、ネパールのバスは後方が多かったかな?

Nepal201900056
言うまでもないことですが、この室内はめちゃめちゃ埃っぽいです!荷物を入れたが最後、得体の知れない汚れがたくさんつきます。

まあネパールを旅する以上、汚れにひるむ人はいないでしょうが…(わたしも外観劣化は全く気にしませんが…)

液体だけには要注意!

荷物が濡れてしまうと結構なダメージを受けるので、最低限の濡れ防止策はしておきましょう。わたしはキャリーバッグ内部に大きなビニール袋を仕込んで、荷物は全部それに詰めるようにしています。

Cambodia2017sss
(カンボジアではザックカバーで対応。自分の荷物は自分で守ろう!)

ローカルバスの場合

Nepal201900050
わたしがネパール国内移動で一番心配し、渡航するまで現状がよくわからなかったのが、このネパールのローカルバスの荷物事情。

バンディプルへ行くのにドゥムレという町(↑)からローカルバスに乗る必要があったのですが「果たしてキャリーバッグなんかを抱えて乗ってよいものか?」それがいまいちわからなかったのです。

Nepal201900052
結論からいうと
ローカルバスも
問題なし!

Nepal201900053
トランクルームはないものの、車体の上部に荷物置き場がありました!(お兄さんが荷物の上げ下ろしをしている場所ですね)

荷物をひとつひとつ固定したりはしませんが、両サイドに転落防止用のガードがあるので、ひと安心?これに荷物の命運を託します。

わたしの場合「落っこったら後から拾いにいけばいいや〜」くらいの気楽さで、乗車していました。

Nepal201900038
ちなみに車内はこの混雑っぷりです!

この時、とある欧米人の旅行客カップルが車体上部に荷物を置くことを頑なに拒んで、自席のそばに巨大なバックパックを鎮座させていましたが…

わたしの中に明確な殺意が芽生えたことは、想像に難くないでしょう。
(邪魔なんだよその巨大な荷物!上に置かないならバスに乗らないでくれ!!)

わたしを人殺しにしないためにも、大きな荷物はきちんと預けてくださいね。

Nepal201900059
チビッコだって、我慢してるんだからね〜

小結②バスは長距離・ローカルともに問題なし!

管理と汚れには気をつけましょう!

まとめ

Nepal201800329
質問:ネパールの国内移動はキャリーバッグで大丈夫なのか?

答え:何の問題もなかったよ!

✔️飛行機は快適そのもの
✔️バスは管理と汚れに要注意

Nepal201800082
心配事がひとつ消えれば、旅への期待が高まりますね!あなたの旅が、最高のネパール旅行となりますように。

写真で綴る カンボジアの民族 その暮らしと生き様前のページ

わたしが考える最強のレンボンガン攻略法・マングローブSUPが特におすすめです!次のページ

関連記事

  1. ネパールトレッキング

    Day0・プロローグ 〜ネパール旅行はこうして妄想から現実となった〜

    行ってきました、はじめての国・ネパール!旅の目的は3泊4日のヒ…

  2. ネパールトレッキング

    【2019年11月現在】ポカラのカトマンズ行きバス乗り場、変更しています!

    バスでカトマンズに向かう方はご注意ください!2019年11月現…

「旅するヨーガ食堂」とは?

旅、ヨガ、ミニマルライフをメインテーマに展開している、ブログおよび活動の総称です。主宰者がかつて暮らしたカンボジア、ヨガ&浄化に通っているバリ島ウブド、ハマりつつあるネパール、ニッポンのミニマルライフを、彩り豊かな美しい写真とともにお届けします。

この記事を書いた人

profile_india.JPG

ウスキ サヤカ

Yoga teacher RYT500 in Tokyo, Minimalist, Cambodia lover, Bali traveler & Nepal Beginner…

元図書館司書・京大博物館研究員。現在はヨガ講師を生業としながら、ブロガー・写真家として活動中。

● 詳細なプロフィール

● ヨガのご予約

● ブログの取説&カテゴリ一覧

icon_instagram.png   icon_twitter2.png   icon_twitter.png

Coubic banner aa66bb 381c376280e95b9d3fbb5d7e9a1306783779646cfb9d9beb9f9d80a9ec3469a4

  1. バリ×ヨガ

    実際の荷物を大公開!バリ島バトゥール山トレッキング・持ち物リスト
  2. わたしの愛用品

    温活にも効果的!セルフお灸のすすめ
  3. ヨガウェア&グッズ

    [旅レポ]本場の台湾easyogaで、ヨガウェアショッピングしてきたよ!
  4. ヨガウェア&グッズ

    新作スキッドレス入手!通算12枚目は2019ssラインビーチ
  5. バリ旅何回目?

    8度目のバリヨガ旅はリベンジ旅行!スパ&ご来光登山の結末やいかに…
PAGE TOP