カンボジア全土一周何回目?

旅のはじまりは戸惑いの直行便?

カンボジアパトロール2017・旅の報告その1
首都プノンペンに到着後、まずはコンポンチナンを目指します!

スポンサードリンク



感動のワンライン!ついにこの日がやって来た…!

Cambodia2017ssss
今回の旅は成田からスタート!
マイル使用のANA直行便でプノンペンに飛びました。

Cambodia2017s
そうです、去年就航した成田・プノンペンの直行便です。

この一直線のラインが美しすぎて…!!

飛行時間は6時間だけど、経由がないことに感激しているうちに、あっという間にポーチェントン空港に到着してしまいました。

あれ?機内で旅のルートを考えるはずだったのに…。ま、いっか😅

ちなみにLCC慣れしすぎているわたしは、ブランケットの用意や、食事の配膳、映画が無料で観れることにも感激。

これって、地上じゃ1800円払って観るやつでしょ!? なにコレ、すごい!! 空飛ぶエンターテインメントや〜〜

一方で自動チェックインなどには戸惑いまくりました

自分でも惚れ惚れするほどいつも手際よく登場手続きするけれど、あれって海外渡航なれじゃなくてAirAsia慣れなんだよな…
LCC以外はいつもわけわからん。自動チェックインとか、自分で荷物のタグをつけるとか。
あとANAのカウンター職員がめっちゃにこやかでビビった。

Cambodia2017sss
荷物は相変わらずのミニマムスタイル。ちっちゃい段ボールの中には、3週間分のシートマスクと日焼け止めと美白美容液が詰まっています。

バックパッカーといえども、日焼け対策は万全です!!

Cambodia2017s
2年前工事中だったポーチェントン空港は、お色直しを終えて大きく綺麗になっていて、感激したんだけどね…。

都心から近くバイクで30分。空港内を歩き回る必要もなし、搭乗したら飛行機はすぐに飛び立つし。こじんまりとした首都の空港、サイコーです!!

第一の街・コンポンチナンで肩慣らし

15時半には空港を出ることができたので、プノンペンはスルーして、そのままコンポンチュナンに向かうことに。

なぜかというと…プノンペンは宿代が高いから!!

コンポンチュナンは1泊6ドル、プノンペンだと25ドル。疲れた身体に鞭打っても、今日中に移動する価値は十分にあります。

IMGP9587
定宿で身体を休めて迎えた朝。
さっそく目的の写真撮影にとりかかります!

IMGP9573
IMGP9565
IMGP9850
IMGP9580
IMGP9853
IMGP9579
もう、カンボジアに来るのも、ヨガポーズ以外の写真を撮るのも久しぶりすぎて…!

現地語はうまく出てこないし、写真はごちゃごちゃだし、子どもにはギャン泣きされちゃうし…。

でもやっぱりカンボジアって楽しい!!!!!
カメラを媒体に、現地の人たちと触れ合えるのも幸せ💕💕

写真って最強のコミュニケーションツールだなーと、あらためて思うのでした。

そして悲劇が訪れる…これがカンボジア人のルーズさよ

ベトナム人船頭のお姉さんや、ムスリムのみんな。懐かしの面々とは、再会できたり、できなかったり。

IMGP9855
IMGP9569
IMGP9570

再会できたり…できなかったり??

いや、ちょっと待って!!!✋

IMGP9567
わたしが今回カンボジア旅をねじ込んだのって、コンポンチュナンである人と再会するのが、最大の目的だったんですけど!?

ずっと国外に出稼ぎに行っていたアナタが、子どもと嫁さん連れて4年ぶりにカンボジアに戻ってきたって連絡くれたから、わざわざ飛行機乗って来たんですけど!?

Roza
そもそもこのメッセージに絆(ほだ)されて、カンボジア行きを決心したんですけどーー!!!

訳:いつカンボジアに遊びに来るの?友が恋しいです

こんなメッセージ送っておいて、本人不在って、どういうことだよ、おいっ!!

Cambopast002
彼らムスリム仲間とは、2010年に出会って以来、家族ぐるみで仲良くしてもらっていて。

2013年、14年、15年と毎年会いに行ったけど、ずーっと出稼ぎ中で家族にしかあえなくて。去年カンボジアに戻ってきたら、Fbも始めて連絡がとれるようになって、チャンスだ!と思ったんだけれどね…

またタイに出稼ぎに行っちゃってましたよ…😑

IMGP9571
家族によると、タイに行ったのは、ほんの1ヶ月前だとか。お願いだから、携帯水没させないでね、状況確認できなくなるから…(これじゃあカンボジア行きを報告しても反応ないわけですわ…数ヶ月前からオンラインにもなってなかったしね…)

ミッション アンコンプリート
喜びと悲しみに泣き濡れた、コンポンチュナンの夜でした。

地方の魅力をひとまとめ!カンボジアの美しい風景前のページ

コンポンチャム・ノスタルジーの消えゆく町…次のページ

関連記事

  1. カンボジア全土一周何回目?

    パイリン・宝石をめぐる冒険

    プノンペンから国道5号線を北上し、コンポンチナン、バッタンバンを経てタ…

  2. カンボジア全土一周何回目?

    [動画あり]バッタンバンでバンブートレインに乗ろう!

    カンボジア第2の都市・バッタンバンでは、線路を利用したバンブートレ…

  3. カンボジア全土一周何回目?

    初めての…♡

    [Fbより転載。カンボジア・パトロール2014 vol.7]…

  4. カンボジア全土一周何回目?

    バッタンバン・ライスペーパーができるまで

    ベトナムで"おなじみ"のものは、カンボジアでもたいてい"おなじみ"であ…

  5. カンボジア全土一周何回目?

    酔っ払いDAYS

    「カンパーイ」と杯を交わす、おじちゃんと私。グラスの中には、ヤシの…

  6. カンボジア全土一周何回目?

    チュマー天国カンボジア

    愛媛にある猫の楽園・青島には遠く及ばないものの、カンボジアもまた結構な…

この記事を書いた人

profile_india.JPG

ウスキ サヤカ

Yoga teacher RYT500 in Tokyo, Minimalist, Cambodia lover, Bali traveler & Nepal Beginner…

元図書館司書・京大博物館研究員。現在はヨガ講師を生業としながら、ブロガー・写真家として活動中。

● 詳細なプロフィール

● ヨガのご予約

● ブログの取説&カテゴリ一覧

icon_instagram.png   icon_twitter2.png   icon_twitter.png

Coubic banner aa66bb 381c376280e95b9d3fbb5d7e9a1306783779646cfb9d9beb9f9d80a9ec3469a4

「旅するヨーガ食堂」とは?

旅、ヨガ、ミニマルライフをメインテーマに展開している、ブログおよび活動の総称です。主宰者がかつて暮らしたカンボジア、ヨガ&浄化に通っているバリ島ウブド、ハマりつつあるネパール、ニッポンのミニマルライフを、彩り豊かな美しい写真とともにお届けします。

  1. 南米ウユニ塩湖

    碧のウユニ
  2. 弾丸インドツアー

    【速報レポ!】インドアライバルビザ情報・デリーで簡単に取得できます!
  3. カンボジア全土一周何回目?

    衝撃!! モンドルキリ・プノン族の集落から象が消えた?
  4. YOGA in Ubud

    ヨガ後のお楽しみ♡朝食&プールでロイヤル・ピタマハ完全攻略!?【yoga in …
  5. カンボジア全土一周何回目?

    旅のはじまりは戸惑いの直行便?
PAGE TOP