ヨガ講師ウスキサヤカの活動記録・カンボジア&バリにも出没します

  1. ニッポンの極上旅

京都桜の名所案内(3)・疏水に桜をたどる

京都散策・王道コースのうちのひとつ。蹴上インクラインから哲学の道へと抜ける長距離ルートのため、王道にして健脚が試されるコースでもあります。途中にある、南禅寺、平安神宮、金戒光明寺(黒谷さん)、真正極楽寺(真如堂)、銀閣寺などの社寺をめぐるのもまた楽し。うららかな春の日射しの下、青空に映える桜を存分に満喫してください。

蹴上インクラインから哲学の道へ

蹴上インクライン
sakura-keage
インクラインとは「船を運ぶ鉄道(傾斜鉄道)」のこと。この蹴上(けあげ)インクラインは、琵琶湖の水を京都に引き入れる疎水工事の一環として、明治期につくられたそうです。現在はその役目を終え、近代化産業遺構として保存されています。

sakura-keage@

線路にかかる見事な桜並木には、鉄オタでなくとも思わず興奮!?お子様連れでも楽しめる桜の名所だと思います。地下鉄蹴上駅からすぐなので、アクセスも抜群。言うことナシ!

岡崎疎水
sakura03
sakura02
インクラインから京都市動物園・平安神宮大鳥居へ向かう道では、疎水沿いに咲く桜を楽しむことができます。儚げな桜色が疏水の水面に映るさまは、この季節にしか見ることができない、幻のような夢風景。十石舟の運航が、京都情緒を盛り上げてくれます。

平安神宮
sakura-heian
sakura01
神苑の紅枝垂桜が有名ですが、境内や大鳥居もフォトジェニック。
平安神宮

金戒光明寺
sakura-kurotani
地元の人には「黒谷さん」の名で親しまれているお寺。あの新撰組発祥の地でもあります。山門前の桜が有名なのですが、ここ数年はちょっと元気がない様子でしょうか?境内奥の会津藩墓地付近の桜も見事です。
金戒光明寺

哲学の道
言わずと知れた、京都を代表するお散歩スポット。哲学者・西田幾多郎がこの道を散策しながら思想にふけったことから、「哲学の道」という名で呼ばれるようになったそうです。

sakura-tetugaku
全長約1.5キロの道には、所せましとソメイヨシノが咲き誇り、まさに圧巻の一言。花びらが水面に浮かぶ様子も風情があって素敵なので、散り始めの時期に訪れても満足できることでしょう。

マップ&美味しいモン

グリル小宝
sakura-kodakara@
岡崎の美味しいモンと言えば、グリル小宝(こだから)のオムライス!凄まじいボリュームだけど、なぜか女性でもペロリと完食できちゃいます。

kodakara
なお開店は11時半から。11時前でこの行列なので…、混雑は覚悟の上でご賞味あれ!お店は平安神宮東側にあります。
グリル小宝

よーじやカフェ銀閣寺店
sakura-yojiya
哲学の道の休憩は、銀閣寺近くのよーじやカフェでぜひどうぞ。ここでしかいただくことができない抹茶カプチーノで、旅の疲れを癒し、カワイイを満喫してください♡(ただし混雑必至です!)

マップ

*****
↓↓↓こちらの記事もあわせてどうぞ

京都桜の名所案内(1)リベンジしたい穴場の桜
京都桜の名所案内(2)清水寺&祇園白川

*****
☆開花情報はこちらでチェック!☆
京都の桜情報2014(京都新聞)
桜だより(京都観光Navi)
京都桜開花情報(JR東海・そうだ京都行こう)

スポンサードリンク



☆★お役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです★☆

PAGE TOP