カンボジア一周2013

[予告]カンボジア全土をめぐる旅2013・記録写真を順次公開します!

2013年6月から3週間、私は実に1年ぶりになるカンボジア・パトロールの旅に出かけました。それから早1年あまり…。恥ずかしながら、その時の写真をほとんど公開できないまま今日に至っています。

cambodia2013greeting06
当時はまだブログを開設しておらず、Facebook pageも出発の1ヶ月ほど前に始めてたばかり。情報発信は個人のFbにおいて、リアルタイムで旅の様子をアップするといったものでした。

cambodia2013greeting15
「Facebookはフローが強く、ストックが弱い」とは皆さんもよく耳にすることだと思いますが、この言葉を体現するかのように、写真の選別・公開も旅のレポート作成も出来ぬまま、カンボジア一周旅行のことは、周りの皆からも、そして私自身の頭の中からも、流れて行ってしまったように思います。

cambodia2013greeting13
しかしここで心機一転、一念発起!いっちょ気合を入れまして、「カンボジア全土をめぐる旅2013」の記録写真を一挙公開していきたいと思います!!8月上旬から2週間のカンボジア・パトロールを控えている身としては、そして9月下旬に初のカンボジア写真企画展を控えている身としては、2013年の旅の清算を早々に済まさないわけにはいきませんよね?

cambodia2013greeting23
交通手段や宿泊施設などのお役立ちレポの作成は、時間的・体力的に厳しいので涙を呑んで割愛しますが…。とにかく私がカンボジア中を這いずり回って撮りまくった「魂の写真たち」の公開だけは、何としてでも遂行いたします。

cambodia2013greeting22
この作業を通して、次回のカンボジア・パトロールにおいてどのような「暮らしの現場」を探し求めるべきか、今の私に足りない「カンボジア」は何なのかが、きっと明確になることでしょう。それが私にとってはもちろんのこと、カンボジアに関心のある皆さんにとってもお役に立つものであると信じ願ってやみません。

cambodia2013greeting08
また、下記の文章は旅の最中に個人のFbに綴っていたものです。まだ旅が現在進行形である内に綴った臨場感ある感想として、当ブログにも残しておきたいと思います。

cambodia2013greeting07

+++++

スポンサードリンク




3greeting09.jpg” alt=”cambodia2013greeting09″ width=”550″ height=”365″ class=”alignnone size-full wp-image-2955″ />

12日間の旅を終えて、いったんプノンペンに戻ってきました(旅行中もフォローありがとうございました!)。

cambodia2013greeting10
今回の旅の目的は3つあります。第1に、各地のモスクを訪問してカンボジアン・ムスリムの実態を目にすること。第2に、カンボジアの「暮らしの現場」を写真におさめること。第3に、日本の友人をアテンドできるよう観光情報を更新すること。……実は3番目については早々に放棄してしまったのですが(やっぱりアンコール遺跡の街・シェムリアップは落ち着かない~)、1・2番目については、素敵な出会いや思いもよらない儀式に遭遇することができ、なかなかの充実ぶりとなりました。

cambodia2013greeting18
モスクは、7都市12モスクを電撃訪問(うち2都市2モスクが再訪です)。先の記事でも上げたよう、埋葬の現場に居合わせることができたのが、幸運すぎて恐ろしいくらい!生業や「民族」の違い(コレこそが私の研究テーマだったのですが)についても簡単に見ることができたし、単純にムスリム/ムスリマの皆さんとも仲良くなれたし、実り多き訪問でした♡調子にのって、お姉さんにスカーフを見立ててもらって買っちゃった!やっぱりムスリムの追っかけはやめられない~。

cambodia2013greeting14
カンボジアの「暮らしの現場」についても、押さえておきたい!と思っていたものをいくつか目の当たりにすることができて、毎日が感動&感激の連続。ライスペーパーづくりや、宝石の採掘&研磨の現場などに加えて、山地民のお葬式(中の宴会?)や牛を屠る儀式(後の宴会?)にお邪魔して、お酒をいただいたり酔っ払いに絡まれたり…(-_-;)

cambodia2013greeting05
山地の少数民族については、予想以上にクメール化の進展が早いようで、3年前には見ることができた伝統的な小屋がすでになくなっている有様。若い世代はスマホもカンボジア語も自在に操っていて…。いわゆる「絵にかいたような」山地民はご老人のみのようでした。今回の旅程にラタナキリを入れ込んで、本当によかったとしみじみ感じ入っています。

cambodia2013greeting16
ちなみに今回の旅は、プノンペンから国道5号線を北上。コンポンチナン、バッタンバンを経て、パイリンへ。そこから進路を東にとり、一気にシェムリアップまで移動、プレアヴィヒア遺跡へのアクセスポイント・スラアエム、トベンミエンチェイ、ストゥントラエン、ラタナキリとめぐり、プノンペンへ戻るというものです。(なんのこっちゃと思った方は、今すぐカンボジアの地図を検索してください!)

明日からは南部地域を旅します。また素敵な出会いに恵まれますように☆

+++++
プノンペンに住んでいた頃は、在留者だから分かること・出会える風景がありましたが、旅行者には旅行者の強みがまたありますね。カンボジアの奥深さ・素晴らしさを再確認しているところです。

+++++
cambodia2013greeting03
旅の後半は自転車でゆるゆると、馴染みの村々(ムスリム・ビレッジ)に挨拶回りへ。久しぶりに訪ねても、ちゃんと私の顔を憶えていてくれて、「ちょっと寄って来な!」と声をかけてくれるのが嬉しい!ムスリム・ビレッジに通い続けて早5年。各地で得られた友人たちは、私のかけがえのない財産なのです(写真は初顔合わせのおじいさんですが、笑顔が1番ステキだったので☆)

*****
cambodia2013greeting17
以上のように、「遺跡だけではない、貧困だけではない、彩り豊かなカンボジアの日常生活を写真でご紹介する」ことが、私の使命であると(勝手に)思っています。

cambodia2013greeting01
アンコールワットをはじめとする荘厳な遺跡はもちろん素晴らしいものですが、カンボジアの魅力は世界遺産だけではありません。また地雷、貧困、危険といったカンボジアのイメージは、外国人が作り上げた産物でしかありません。

cambodia2013greeting19
実際のカンボジアに流れる時間は、平凡で退屈な、でも私たち日本人にとっては驚異的であったりセンチメンタルであったりする「ケ」の日常。そして年に数回、誰もがちょっとワクワク・ソワソワ、お洒落をばっちりキメテ祖先や神に感謝する「ハレ」の日々であるのです。

cambodia2013greeting21
フォーカスには物事を増幅させる力があるといいます。それならば、私はカンボジアの正しい「日常」と「非日常」を照射していきましょう。それはきっと、貧困や地雷に焦点を当てることよりも、ほんとうのカンボジアを人々の心に根付かせることができる、そう信じて止まないのです。

みなさんも、多様性に満ちたカンボジアの暮らしを、是非のぞいてみてください。

*****
kako-kSrDNaGDROwpAOMn
2013年6月、私はカンボジア全土をめぐる旅に出た。カテゴリ「カンボジア一周2013」は、その旅の写真記録である。

*****
未知のカンボジアを旅しよう!
※カンボジア旅行は9月が狙い目?直行便も就航!3万5千円でカンボジアに飛ぶ方法
※渡航前の下調べ・意外に多い?カンボジアのヨガスタジオ一覧
※[動画あり]バッタンバンでバンブートレインに乗ろう!
※地方の魅力をひとまとめ!カンボジアの美しい風景

*****
インスタでは、バリ&ヨガ情報発信中

◆ブログの更新情報は、
ウスキサヤカ公式Twitterでチェック!
スクリーンショット 2017 06 06 11 34 55
フォロー大歓迎です✨

◆こちらもどうぞ!
バリのヨガ&スパ情報を綴っています…バリ×ヨガ
陰ヨガレッスンと日々のあれこれ…陰ヨガ講師活動記
シンプル&ミニマムライフで季節を感じよう…ニッポンの丁寧な暮らし

スポンサードリンク



この記事をまた読み返しませんか?
自分用に、友達用に、お役に立ったら気軽にシェア!

ピックアップ記事

  1. Summer SALE到来…♡ Mandukaのマット&スキッドレスを賢くお得に…
  2. 2018年、新春のヨガクラスレポ!第1弾!!〜 文京区古民家ヨガ〜
  3. [開催レポ]皆の笑顔が眩しすぎる…!庭園を望む古民家×陰ヨーガ、やっぱり相性最高…
  4. 地方の魅力をひとまとめ!カンボジアの美しい風景
  5. 地方に住んだらトゥクトゥクに乗って、出張ヨガ屋をやりたいな

関連記事

  1. cambodia2013sake01

    カンボジア一周2013

    酔っ払いDAYS

    「カンパーイ」と杯を交わす、おじちゃんと私。グラスの中には、ヤシの…

  2. kuma02

    カンボジア彩色図鑑

    浮島神社の自転車守りに新たなラインナップが出たモン!

    先日熊本に住む友人から、ふるさと便が届きました。浮島神社の自転…

  3. bekyoto01

    カンボジア彩色図鑑

    祝☆新聞掲載

    カンボジア彩色図鑑写真企画展「今日はハレ日 明日はケの日」。今…

  4. 2013cambodiaIMGP9394

    カンボジア一周2013

    旅のはじまり~2013年のプノンペン

    関空発インチョン経由のフライトで、深夜23時半過ぎにプノンペンに到…

  5. 2014cambodia@IMGP5320

    カンボジア彩色図鑑

    カンボジアのすべては、優しさでできている。

    [Fbより転載。カンボジア・パトロール2014 vol.6]「…

  6. IMGP7390

    カンボジア彩色図鑑

    写真企画展進捗状況

    以前こちらで告知した写真企画展。いよいよ開催が近づいてまいりました…

「旅するヨーガ食堂」とは?

旅、ヨガ、食をメインテーマに展開している、ライフスタイルブログ、および活動の総称です。主宰者がかつて暮らしたカンボジア、ヨガ&浄化に通っているバリ島ウブド、ニッポンの丁寧な暮らしを、彩り豊かな美しい写真とともにお届けします。リアルヨガレッスンも、絶賛開催中!

旅するヨーガ食堂・ヨガレッスンのご案内

yinyoga-reservation03
清澄白河と高円寺でヨガレッスン開催中!


aboutyinyoga03
陰ヨガで季節の養生はじめませんか?


yinyoga-benefits02
その凄まじき効果を体感せよ…!
過去記事一覧(2016)

バリ&カンボジアに、陰ヨガ講師の活動も加わりました!「カンボジア彩色図鑑」「バリ×ヨガ」「ニッポンの丁寧な暮らし」「陰ヨガ講師活動記」すべてまとめて、こちらからどうぞ!
過去記事一覧(2015)

バリで滝行!?巨大ブランコに大絶叫!?引越しで断捨離敢行!?カンボジアも2回訪れた、猪突猛進の2015年。荒ぶる活動記録から、生きるヒントを見つけませんか?
過去記事一覧(2014)

ウユニ塩湖ではしゃぎ、カンボジアで酒盛りし、バリで初ヨガを果たし、京都でカンボジア写真展!盛りだくさんの2014年を、まとめて覗いてみませんか?
  1. bali10

    バリ×ヨガ

    Just got back to Japan
  2. IMGP2253@@@.JPG

    陰ヨガ講師活動記

    11月のヨガレッスンのご案内(清澄白河・高円寺)
  3. tour08

    南米行こう2014

    ウユニ塩湖・ツアー情報2014
  4. h011

    スタバにまつわるエトセトラ

    人生スタバに左右されてもいいじゃない!
  5. IMGP7390

    カンボジア彩色図鑑

    写真企画展進捗状況
PAGE TOP